1. ホーム
  2. サービス
  3. ソフトウェア開発

ソフトウェア開発事業

開発手法

当社は案件に応じて最適な開発体制がとれるよう、複数の開発手法をとっております。
その中で代表的な手法をご紹介いたします。

ウォーターフォール開発

完成度が高く、最も多くのシステムベンダーが採用するモデルです。
名前で示されている通り、滝が流れ落ちるように各工程を進めていきます。

ウォーターフォール開発の流れ

概要
システム全体として各工程を進める事で、システム全体としての要望を明確に定め、システムの開発を大人数で進め決められた期間・予算で作成する事に重点を置いた構築を行う。
特徴
  • 決められた期間内に開発を行う
  • 投資金額内に要望に合わせた開発が可能
  • 上流工程から作業内容を明確化する為、大規模システムへの対応が容易。
  • 開発規模の範囲が容易に判定できる。

アジャイル開発

アジャイル(agile)とは、「俊敏な」「機敏な」という意味があります。ビジネスの早い変化に対応するために、「短く区切られた期間で動くアプリケーションを開発する」ことに重点を置いております。

アジャイル開発の流れ

概要
作成する機能の単位を小さくする事で、各工程に対してお客様の要望を柔軟に取り入れ、
システムとして動作する物を早期に提供することでお客様の要望を満たす事に重点をおいた構築を行う。
特徴
  • 人同士の相互的な開発を重視する。
  • 早期に動作するソフトウェア提供を重視する。
  • お客様との協調関係(協力体制)を重視する。
  • お客様の要望など、変化に対応することを重視する。

製作の流れ

要望・要求を打ち合わせ段階からじっくりと話し合い、
整理した情報をもとにお客様の業務にあったご提案をさせていただきます。

  1. 要件定義・要求分析
    システム導入目的などをヒアリングさせて頂き、現在の問題点を明らかにします。
    問題点を解消する為に、どのような機能が必要かを精査します。
    ※この時点で、開発手法を決定いたします。
  2. 見積・発注
    STEP1をふまえ、要件定義書・見積書を作成いたします。
    要件内容、見積などをご確認いただき、当社への発注をご検討していただきます。
  3. 設計
    基本設計などを行い、要件定義でヒアリングさせて頂いた内容より更に詳細な内容をお客様にご確認させていただきます。
  4. 開発・テスト
    設計を元にシステムの構築をいたします。
    必要に応じてプロトタイプをお客様にご提示いたします。
  5. 納品
    開発・テストが完了するとお客様への納品となります。
    納品方法などはお客様のご要望に沿った形でさせていただきます。

開発実績はコチラ

サービス

サービストップ
  • ソフトウェア開発事業
  • 人材派遣事業

ページの先頭へもどる